• watashitoniwa

パリでホテルもなく一夜を明かした旅行ブログ:フランス一人旅の記録

インテリアショップ「watashi to niwa」の

オーナーをしています Kaiです。


今回は

ヨーロッパを中心に

一人旅をしたなかで経験した

パリで過ごしたある日の出来事について

綴りたいと思います。


外国への一人旅を考えている方や

パリにはじめて行くという方に

ぜひ読んでもらえると嬉しいです。


パリでホテルもなく夜を過ごした

スリリングな経験を語ります。


目次

【1】パリに行くことになったきっかけ

【2】パリに到着して、やって来た夜

【3】問題はまだ続く

【4】一人旅で得られるもの

【5】最後に。


【1】パリに行くことに

   なったきっかけ

私は大学生時代

美術学部の研修旅行の際に

パリには一度来たことがありました。


研修旅行のスケジュールは

3日間の滞在期間で

ルーブル美術館やポンピドゥー美術館

ピカソ美術館などの

フランスを代表する美術館に

訪れるという

楽しいようでなんともハードな

美術館巡りでした。


ルーブル美術館は特にですが

展示数が膨大で

1日で急いで観るには

あまりにもったいない美術館ばかりです。


展示作品1つ1つの魅力を感じるためには

時間が足りず

いたい場所に好きなだけ

いられないストレスと

団体で動くことの

フラストレーションも溜まり続けて

2週間あった旅行の中盤には

すでに帰りたいと思っていたほどです。

(実際に友達にはそう言っていました。。)


大人になり

はじめて1人旅に出かけようとなった

タイミングで

せっかく行くなら今度は1人で

またパリに行ってみようと思い

計画を立てて出発しました。


はじめての一人旅で

7ヶ国を巡り

それはもう今までにない感覚がたくさんあり

すばらしい出会いに満ち満ちた旅になりましたが

あぶないこともたくさんありました。


【2】パリに到着して

   やって来た夜

フランスのパリに着いた時

ホテルは中央の駅から遠いので

先にホテルへ行くのはやめて

荷物を駅のロッカーに入れた後

街を歩きました。


この時は1泊2日の短い旅でしたが

ポンピドゥー美術館やらレストランやら

色んな場所に出掛けて

夜はミュージカルへ。

(写真は当時ミュージカルを観に行った

ラ・セーヌミュージカル)


充実した時間を過ごしたなと

物思いにふけっていると

もう夜の22時。


ホテルに着いた時には23時で

レセプションは閉まり

泊まる予定のホテルに入れず。


他の宿泊している人が

ホテル入口の暗証番号を教えてくれたのですが

庭を通って部屋の前までは行けたものの

部屋にも暗証番号が必要で

あきらめて外へ。

早朝には飛行機に乗る予定だったため

そのまま朝まで過ごすことになりました。


とにかく夜のパリは

ほんとうにあぶなく

後ろをつけてくる人やスリ

ホームレスの人など

それはもう危険な空気でいっぱいです。


バーやらハンバーガーショップやらで

なんとか時間をつぶして

朝の4時。


とにかく目をつけられないように

もっと人通りがある

中央のバス停に着いた時

バス停にあるベンチに座り込み

強烈な眠さにおそわれてると


1人の男性から時間を聞かれました。


スマホで時間を確認して

教えてあげると

「ありがとう」と言って

すぐにその場を後にした男性。



15分後

また1人から時間を聞かれ

スマホを取り出して

時間を確認しようとすると


その男性は

いきなり手をこちらに伸ばして

ガバッとスマホを盗み

全力で走っていきました。


【3】問題はまだ続く

こんな時、追いかけたくなりますが

その人がナイフや銃を

もっていたら危険なので

追いかけないのがベターです。


現地の人たちも

危険だと言うくらいに

夜のパリはとてもあぶないです。


バス停にいた他の男性が

心配して声をかけてくれました。


「今の見てたよ。。」

「大変だったね。。」


そう声をかけてくれて

こうしたらどうかな?と親身になって

アドバイスもくれました。


朝方になり

この後は中央駅にあるロッカーに向かいました。

この時点でもう一つの大きな問題が

起きていました。


とても重大で致命的な問題が。。


バーでもハンバーガーショップでも色々あり

その後もまた色々とありましたが

このブログ記事で

すべて語ると長すぎるので

続きはまた次回。


問題こそ起こりましたが

これはかなり前の話で私の不注意です。


パリはみなさんがご存じの通り

多くの人が憧れ

愛されています。


治安が良いとは

とても言えませんが

素敵な人はたくさんいますし

街並みも含めて私も好きです。


とにかくこの出来事を思い出すと

日本に無事に帰れてよかったと

今でもよく思います。


【4】一人旅で得られるもの

このあとも相変わらず

1人で旅に出かけたりして

素敵な出会いが

これでもかといっぱいありました。


だれかに連れていってもらったりするのとは

またちがった感覚が

1人での国外旅行にはあります。


先生やお友達から

「今のうちに海外に行った方がいいよ」と

学生の時によく言われてましたが

「だれかに言われた

いつかためになるなにか」より


やりたいと思った時にやるなにかの方が

ずっと身になって充実すると

この時感じました。


人のアドバイスや経験も

とても大切だから

きっとバランスなんでしょうね。


【5】最後に。

みなさんも1人旅に出かける時は

気をつけて安全にたのしんでくださいね。

(夜な夜な思いつきで

私の経験を書かせていただきました。)


パリも、夜やスリに気をつければ

ほんとうに素敵な場所です。


はやくコロナや色んなことが終息して

自由にいろんなことができることを願います。


ページの最後に

パリの魅力がわかるギャラリーを

つくりましたので

ぜひご覧くださいませ。



この記事を書いた人

KAI

美術学部のある大学で絵を学び

卒業後は家具製作を学んで

自分のお店を持つことを目標に生きる。


デンマークやオーストリアをはじめとした

ヨーロッパを中心に

およそ10ヶ国 一人旅をして

現在はインテリアショップ「watashi to niwa」を

オープンして運営。


オリジナルの家具や

インテリアアートの製作

世界のプロダクトの

仕入れと販売をしており

ショップのオーナーを務めている。


厳選された世界のプロダクトはこちら



Enjoy Paris !!


パリの街並みをお楽しみください!










最新記事

すべて表示